お金借りる至急即日ラボ|今すぐお金を借りたい時に最短でお金借りる方法

このサイトの内容

このサイトでは、至急お金を借りたい方向けに、下記の内容についてお伝えしています。

  • 【最短1時間】今すぐお金を借りる最適な方法
  • 即日融資に対応できるおすすめカードローン

結論からお伝えすると、今すぐお金を借りるならアコムプロミスで借りるのがオススメです。

 

大手有名銀行系の企業なので信頼感抜群ですし、保証人も担保も不要で最短1時間で借りられます。しかも、初回利用の方なら30日間無利息でお得にお金が借りられます。

 

・・・詳しくは記事をご覧下さい

 

即日融資対応のおすすめカードローンを確認>>

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

【即日融資可能】ユーザーおすすめランキング

カードレス

★プロミスの基本情報
実質年率 4.5%〜17.8%
限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
運営会社 SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
プロミスのWEB完結を利用して申し込めば、お金を借りる一連の手続きがネット上で終えられます。手続きをすすめる中で分からない点があったとしてもオペレーターの方に電話で親切に教えてもらえるので安心して利用できます。女性オペレーター対応のプロミスレディースも男女問わず人気です。

↓※女性も男性も利用OKです↓
プロミスレディースの詳細を確認する>>

\即日融資で借りるならプロミス!30日間利息0円♪/

最短即日

★アコムの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 1〜800万円
審査時間 最短30分
運営会社 三菱UFJフィナンシャル・グループ
アコム株式会社
アコムは、大手銀行系の三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。大手が後ろに控えているので信頼度抜群です。『はじめてのアコム』のフレーズ通りに、初めてお金を借りる方にぴったりのおすすめカードローンです。
\最短60分で借入可能!しかも30日間利息ゼロ円!/

LPバナー 200x200

★新生フィナンシャル レイクALSAの基本情報
実質年率 4.5%〜18.0%
限度額 500万円
審査時間 お申し込み後、最短15秒で審査結果表示
運営会社 新生フィナンシャル株式会社
21時(日曜日は18時)までに契約手続きを完了(※審査・必要書類の確認含む)すれば当日中に振込みで融資を受けることが可能です。ただし、一部金融機関およびメンテナンス時間等は除きます。
\Webからの申し込みなら最短60分でご融資可能!/

LPバナー 200x200

★SMBCモビットの基本情報
実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 800万円
審査時間 10秒簡易審査
運営会社 SMBCグループ
SMBCモビット
※申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる可能性があります。

\30代以上の方がよく利用しています/

 

今すぐお金を借りるなら大手消費者金融がオススメな6つの理由

今すぐにお金を借りたいなら、申込み完了から最短1時間でお金が借りられるプロミスアコムなどの大手消費者金融で借りるのがオススメです。

 

その理由は以下の通りです。

  1. 即日融資に対応可能なのは消費者金融くらいだから(銀行は最低数日かかる)
  2. 比較的審査に柔軟に対応してくれる傾向があるから
  3. 保証人も担保も不要だから
  4. 借りたお金の使い道が自由だから
  5. 大手銀行系グループ企業なので安心だから
  6. 一定期間無利息キャンペーンがあるから

【理由1】即日融資に対応可能なのは消費者金融くらいだから(銀行は最低数日かかる)

実は、その日のうちにお金が借りられる安心・安全な方法はそんなに多くありません。多くの方にとってなじみのある銀行でもお金を借りることができますが、銀行では即日融資に対応していません。

 

プロミスアコムなどの大手消費者金融なら、申込み完了から最短1時間程度でお金が借りられるのに対して、銀行の場合は最短でも数日程度はかかってしまいます。

 

※銀行が即日融資に対応できない理由

 

銀行でも以前は申し込んだその日のうちにお金が借りられていました。しかし、2018年からは金融庁の規制により、最短でも数日程度かかるようになってしまっています。

 

なぜなら、銀行が個人への融資を行うときの審査の過程で、警察への個人データを照会することが義務づけられたためです。これは、暴力団関係者への融資を未然に防ぐという目的から行われるようになりましたが、警察からの回答に数日を要するため、即日融資には対応できなくなったのです。

 

【理由2】比較的審査に柔軟に対応してくれる傾向があるから

お金を借りる時には、まともな借入先なら

 

「本当にこの人にお金を貸してちゃんと返済してくれるのか?」

 

を判断するために審査が行われ、審査に通過しないとお金を借りることができません。

 

銀行カードローンの場合、審査が非常に厳しい傾向があり、収入面で言えば年収500万円程度以上はないと審査通過は難しいと一般的に言われています。それに対して、大手消費者金融ならアルバイト学生やパート勤めの主婦などであっても十分に審査を受けた上でお金が借りられる見込みがあります。

 

年収があまり高くないなど、審査に不安のある方は、よりハードルの高い銀行よりも消費者金融で借りる方が審査を通過して借入ができる可能性があるでしょう。

 

ご自身が消費者金融カードローンの審査に通過できるかどうか不安な方は、まずは各社公式サイトで実施している簡易審査を受けてみて下さい。

 

(※簡単な項目の入力により数秒程度で結果がわかります。)

 

【理由3】保証人も担保も不要だから

お金を借りるときに、借入先によっては保証人や担保を設定することが求められるケースがあります。

 

保証人は、本人が返済不能になったときに、本人に代わって返済を行う人のことです。そして、担保は本人が返済不能になった時に、売却してその利益を返済に充てます。

 

担保にできるような財産がある人ばかりではないでしょうし、本人に代わって返済しないといけないというリスクがある保証人になってくれる人を見つけるのは大変です。

 

その点、大手消費者金融のカードローンなら、保証人も担保も不要なので安心です。

 

【理由4】借りたお金の使い道が自由だから

お金を借りる方法の中には、銀行の目的別ローンなどのように借りたお金を何に使うかという使い道が限定されているものがあります。お金の使い道がうまく合うようならいいですが、自分の使いたい目的に適合するような商品が都合良く用意されているとは限りません。

 

その点、大手消費者金融のカードローンなら、基本的に借りたお金を何に使うかという使い道は自由なので、幅広い使い道のための資金としてお金が借りられます。

 

【理由5】大手銀行系グループ企業なので安心だから

お金を借りる時には、変な素性の知れない怪しいところから借りるのでは何かと不安です。お金の貸し借りは人生を台無しにしかねないトラブルの引き金になることさえあります。

 

どうせお金を借りるなら、信頼できるところから安心して借りたいですね。

 

その点、大手消費者金融はみな有名な大手銀行系金融グループ企業なので安心してお金が借りられます。

 

※大手消費者金融は有名大手銀行のグループ企業

 

プロミスSMBCモビット
⇒SMBCグループ

 

アコム
⇒三菱UFJフィナンシャル・グループ

 

レイクALSA
⇒新生銀行グループ

 

【理由6】一定期間無利息キャンペーンがあるから

大手消費者金融の中には、初めて利用する人を対象として、一定期間無利息でお金が借りられるキャンペーンを実施しています。

 

極端な話、無利息期間内に借りたお金を全額返済してしまえば、一切利息を支払う必要もないので、お得にお金を借りることができます。

 

このサイトでも特におすすめをしているプロミスアコムでは、初めて利用する方を対象として、以下のような一定期間無利息サービスを実施しています。

※プロミス・アコムの初回利用者を対象とした無利息サービス実施内容

 

プロミス
初回借入日の翌日から30日間無利息

 

アコム
⇒契約日の翌日から30日間無利息

プロミスだけが、「初回借入日の翌日」が無利息期間の起算点となっています。

 

そのため、もしも契約日から初回の借入を行うまでに期間が空いてしまうようなことがあった場合にも、プロミスなら無利息期間を1日も無駄にせずお得に借りられます。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

ぜひ知っておきたいカードローンの基礎知識

カードローンでお金を借りるにあたって是非とも知っておきたい基礎知識を紹介します。

 

借りられる人の条件

消費者金融カードローンを利用してお金を借りる事ができる人の条件は、以下の2つを満たすことです。

1.20歳以上であること
2.安定した収入があること

1.20歳以上であること

お金を借りるというのは、法律上の契約行為にあたります。未成年の場合、あとになって取り消されるようでは困るので20歳以上であることを利用できる人の要件として定めています。

 

2.安定した収入があること

借りたお金はきちんと返済しなければなりません。カードローン会社は、、貸したお金の元本と利息をきっちりと返済してもらうことによって、収益をだしているので当然です。

 

そのため、返済能力を有していることを担保するために、安定した収入があることが求められているのです。

 

即日融資対応のおすすめカードローンを確認>>

 

必要書類

消費者金融カードローンでお金を借りる場合、原則として運転免許証などの本人確認書類が必要です。(有効期限内のもの)

 

※借入希望額が50万円を超える場合などは、本人確認書類に加えて収入証明書類が必要です(後述)が、初めての借入で借入希望額が50万円以下なら基本的には本人確認書類だけでお金が借りられます。

 

本人確認書類として利用できるのは、たとえば以下の書類です。(プロミスの場合)

【原則】
・運転免許証

 

【運転免許証を持っていない場合】
・「パスポート」または「健康保険証」+「1点(例:住民票)」

 

※上記書類に記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる方は、以下のいずれかの書類(発行日から6ヶ月以内のもの)のコピーがあわせて必要です。
・国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
・社会保険料の領収書
・公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
・住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」も合わせて必要です。

 

本人確認書類に加えて収入証明書類が必要な場合

以下の2つの条件のうちいずれかに該当する場合、本人確認書類に加えて、収入証明書類も合わせて提出する必要があります。

 

1.借入希望額が50万円を超える
2.借入希望額と他の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超える

 

収入証明書類として利用できるのは、たとえば以下の書類です。(※プロミスの場合)

 

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

借りられる金額(総量規制について)

消費者金融のカードローンで借りられる金額は、最大でも年収の3分の1までです。

 

なぜかというと、消費者金融などの貸金業者を規制する貸金業法に定められた「総量規制」というルールがあるためです。このルールにより、貸金業者は各社合計で個人の年収の3分の1の範囲内でしか貸付を行うことができません。

 

ただし、実際問題として貸し倒れ(回収不能になること)のリスクを回避するために、いきなり総量規制の限度いっぱいまでお金が借りられることはそうそうありません。

 

特に初めての借入の場合は、年収の3分の1よりもさらに低い金額が限度額となるのが通常です。

 

※総量規制について

 

総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を規制する貸金業法に定められたルールです。このルールにより、貸金業者は書く貸金業者からの貸付の合計金額が年収の3分の1の範囲内に収まるように貸付を行います。

 

以前、多重債務に苦しむ人が多く存在していた問題を受け、過度な貸付を行ってしまうことにより債務者が返済不能に陥ることを未然に防ぐ目的でこのようなルールが設けられています。

審査について

カードローンに申し込むと、「この人はきちんと借りたお金を返済していける人かどうか」という視点から、審査が行われます。審査に通過することができなければ、お金を借りることはできません。

 

一般論として、銀行よりも消費者金融のほうが審査通過が難しい傾向にあります。プロミスアコムなどの大手消費者金融の場合、アルバイト学生やパート勤めの主婦などでも借入希望額によっては審査通過してお金が借りられる見込みがありますが、銀行カードローンの場合は年収500万円程度以上ないと審査通過は厳しいと言われています。

 

カードローンの審査では、「属性」と「信用情報」に基づいて本人の返済能力を判断して貸付可能かどうかが決定されます。

 

属性について

申込者のプロフィール(属性)に基づいて、申込み条件を満たしているかや返済能力が判断されます。

 

参考にされる項目としては、たとえば

・年齢
・年収
・職業
・雇用形態
・勤務先
・勤続年数
・居住形態

などがあります。

 

信用情報について

各個人のローンなどの利用履歴に関する情報は、「個人信用情報機関」と呼ばれるところに蓄積されています。カードローンの審査においては、個人信用情報機関に照会をかけて、以下のような項目も参考にされます。

・借入残高
・借入件数
・返済履歴(過去に延滞・滞納があるかどうか等)

※個人信用情報機関について

 

個人信用情報機関では、消費者のクレジットやローンに関する信用情報(個人の属性・契約内容・支払状況・残債額など)などの情報を加盟するクレジット会社やローン会社から収集・蓄積し、各ローン会社などからの照会に応じて情報提供を行っています。

 

個人信用情報機関が、消費者金クレジットやローンの利用履歴の収集・管理・提供・開示を行うことにより

 

・消費者金の支払い能力に応じた適切な契約の実現
・迅速なクレジット・ローン取引の促進
・消費者の多重債務・自己破産の未然防止

 

するという役割を果たしています。

 

お急ぎの場合、まずは各社公式サイトで実施している簡易審査を受けて、審査通過して借入が可能そうかどうか試してみるのがオススメです。

 

簡単な項目を入力するだけで、数秒後には結果が分かります。

 

プロミスの簡易審査を受けてみる>>

 

在籍確認について

カードローンの審査の過程では、申込時に記載した勤務先に確かに在籍しているかどうかを確認する「在籍確認」と呼ばれる作業が行われます。

 

通常、在籍確認は勤務先に電話をかけて、申込者の名前を呼び出すことにより行われます。

 

(※例外として、SMBCモビットのWEB完結では、勤務先に電話せず書類上だけで在籍確認を行います。)

 

在籍確認の流れ

大手消費者金融カードローンでは、勤務先への在籍確認の電話は、概ね以下のような流れで行われます。

※在籍確認電話の流れ

タナカと申しますが、○○(申込者の名前)さんはいらっしゃいますか?

はい、○○は私ですが・・・

この度はありがとうございます。確認が取れましたので、引きつづき手続きを進めてまいります。

はい、よろしくお願いします。

消費者金融カードローンはバレにくい

以上のように、大手消費者金融カードローンでは、カードローン業者名を名乗らずに担当者個人名を名乗って電話をかけてきます。これは、周囲の職場の同僚の方などに、カードローンで借金を使用としていることをバレたくないという申込者の心情に配慮してくれているのです。

 

消費者金融はしっかり申込者のプライバシーに配慮してくれているので助かりますが、これが銀行の場合だと、

 

「××銀行融資担当の田中と申しますが・・・」

 

といった具合に、銀行の名前を名乗るところが多いので、借金を考えていることがバレバレです^^;

 

大手消費者金融カードローンの在籍確認電話は、知人や取引先からの電話と見分けが付かないので、カードローン業者からの電話を自分でなくほかの同僚がとったとしても、借金しようとしていることがバレることはあまりないと思われます。

 

もしも、同僚から「今の電話、何だったの?」と勘ぐられることがあったとしても、「クレジットカードの在籍確認」とでも言っておけばそれ以上詮索されることはないでしょう。(今どき、クレジットカードぐらい誰でも複数枚持っていると思います。)

 

在籍確認「電話」がない消費者金融カードローン

以上のように、大手消費者金融カードローンの在籍確認の電話では、プライバシーに配慮してくれているので、会社の同僚に借入がバレるようなことはほとんどありません。

 

しかし、中には

 

「何が何でも確実にバレたくない」
「普段電話がかかるような職場じゃないので怪しまれてしまう」

 

などという方もいるでしょう。

 

そんな方にオススメなのが、在籍確認を勤務先への電話ではなく書面上で行ってくれるSMBCモビットのWEB完結です。

 

勤務先に電話をかけずに、必要書類を確認するだけで在籍確認を行うので、同僚に借入がバレるリスクをさらに軽減することができます。

 

※SMBCモビットのWEB完結を利用するためには以下の要件を満たす必要があります。

 

1.申込者本人名義の三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の普通預金口座を持っていること
2.本人確認書類・収入証明書・勤務先確認書類(給与明細書直近1ヶ月分と健康保険証の両方)を提出できること

 

今すぐSMBCモビットWEB完結の詳細を確認してみる>>

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

利息の計算方法

カードローンでお金をかかると利息がかかります。カードローン会社は、この利息が利益になるわけです。

 

お金を借りる時に、いったいどのくらいの利息がかかるのかは以下の計算式により算出可能です。

利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数

【返済シュミレーション】返済額と利息

たとえば、最大金利が大手消費者金融中で最も低いプロミスでで10万円を借りて1年間(12回)で返済するとすると、返済額や利息は以下のような形になります。

単位:円

回数 返済額 元金 利息 残高
1 9,158 7,675 1,483 92,325
2 9,158 7,789 1,369 84,536
3 9,158 7,905 1,253 76,631
4 9,158 8,022 1,136 68,609
5 9,158 8,141 1,017 60,468
6 9,158 8,262 896 52,206
7 9,158 8,384 774 43,822
8 9,158 8,508 650 35,314
9 9,158 8,635 523 26,679
10 9,158 8,763 395 17,916
11 9,158 8,893 265 9,023
12 9,156 9,023 133 0
累計 109,894 100,000 9,894 0

返済方法

カードローンでお金を借りたら、当然ですが返済していくことになります。滞りなく返済するためには、利用しやすい便利な方法が用意されているところで借りるのが賢明です。

 

返済期日

まず返済日については、利用者の都合にあわせて選択可能です。たとえば、プロミスでは、5日、15日、25日、末日のなかから選択できます。

 

【例】プロミスの返済方法

大手消費者金融カードローンでは、返済してもらいやすいように様々な方法を用意しています。

 

ここでは返済方法の例として、プロミスでは、どのような返済方法が用意されているかご紹介します。

 

プロミスでは、以下のような方法があります。

  1. インターネット返済
  2. 口座振替
  3. 店頭窓口
  4. プロミスATM
  5. コンビ二(マルチメディア端末)
  6. コンビ二や提携金融機関のATM
  7. 銀行振込
1.インターネット返済

パソコンやスマートフォンを通じて、24時間いつでもインターネットで返済を行う方法です。

 

店頭窓口やATMに足を運ぶ必要もなく、振込手数料0円でいつでもどこでも返済できるので便利です。

 

月末などは金融機関のATMでは列ができていることが多いですが、並ばずにすぐその場で返済できるのはありがたいですね。

2.口座振替

利用者の銀行口座から、指定期日に自動引き落としにより返済する方法です。

 

口座に残高さえあれば、自動で引き落とされるので、うっかり返済を忘れることが少ない確実な方法です。

 

こちらも、店頭窓口やATMに足を運ぶ必要もなく手数料0円で利用可能です。

3.店頭窓口

お近くのプロミスの店頭窓口で返済することができます。

 

手数料は0円ですが、地域によってはお近くにプロミスの店頭窓口がないというケースもあると思います。場所を選ぶという面でインターネット返済や口座振替に比べるとデメリットがあります。

 

ただし、人がいる店舗なので、返済計画について相談できるというメリットがあります。

4.プロミスATM

お近くのプロミスのATMから返済する方法です。

 

こちらも手数料は0円ですが、やはり場所を選ぶというデメリットがあります。

 

ただし、店頭窓口と異なり、土日でも返済することができます。(※有人店舗は土日は休業日)

5.コンビ二(マルチメディア端末)

以下の3つのコンビ二に設置されたマルチメディア端末からも返済が可能です。

 

・ローソンに設置されたLoppi
・ミニストップに設置されたLoppi
・ファミリーマートに設置されたFamiポート

 

身近なコンビ二から、24時間365日いつでも、手数料0円で返済可能な便利な方法です。

6.コンビ二や提携金融機関のATM

プロミスが提携しているコンビ二や金融機関のATMからも返済が可能です。(ただし、手数料が発生してしまいます。)

 

プロミスが提携するコンビ二や金融機関は以下の通りです。

※プロミスの提携先コンビ二・金融機関のATM

  • ゆうちょ銀行
  • E-net
  • ローソン銀行
  • セブン銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
7.銀行振込

お近くの銀行からプロミスが指定する銀行口座への振込で返済をすることもできます。この方法も、ご利用の金融機関の振込手数料がかかってしまうというデメリットがあります。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

消費者金融カードローンのQ&A

ここでは、消費者金融カードローンのよくある質問とその答えについて紹介していきます。

 

契約社員や派遣社員でも借りられますか?

消費者金融カードローンの利用条件は、既にお伝えしたとおり

 

・20歳以上であること
・安定した収入があること

 

です。

 

この条件を満たしていれば、派遣社員や契約社員であっても問題なく審査を通過してお金が借りられる見込みがあります。

 

銀行カードローンの場合、非常に審査が厳しい傾向にありますが、大手消費者金融カードローンなら比較的審査に柔軟に対応してくれる傾向にあります。

 

それほど高額でなくてもよいので、毎月一定額の収入があれば十分に借りられる可能性があります。

 

アルバイト学生やパート勤めの主婦でも借りられますか?

アルバイト学生やパート勤めの主婦であっても、毎月一定額の収入がある20歳以上の方なら、消費者金融カードローンで審査を通過してお金が借りられる可能性があります。

 

1〜2万円など少額の借入でも大丈夫ですか?

何も数十万円以上などの大金でなくとも、数万円程度の少額の借入でも問題なく利用できます。大手消費者金融のなかで、ほとんどの業者は最低借入額を設定していません。

 

一部の業者では、最低借入額を設定しているところもありますが、それでも「1万円」です。

 

したがって、大手消費者金融では1〜2万円など少額の借り入れであっても、遠慮せず気軽な気持ちで利用してお金が借りられます。

 

いくらまで借りられますか?

消費者金融でお金を借りる場合、貸金業法に定められた総量規制のルールが適用されます。そのため、各貸金業者からの借入額を合計して「本人の年収の3分の1」が限度となります。

 

したがって、たとえば年収300万円の人であれば、各社からの借入額を合計して100万円までの範囲内なら借りられる可能性があるということです。

 

ただし、いきなり総量規制範囲内の最高額まで借りられることは通常はありません。特に、初めて利用する場合、

 

・会社員・・・30〜50万円
・学生・パート・アルバイト・・・10〜20万円

 

といった具合に、50万円以内の限度額が設定されることが多いです。

 

借入できる貸金業者の数に制限はありますか?

カードローンでお金が借りられる業者の数に制限はありません。貸金業法に定められた

 

「各貸金業者は、総合計で個人の年収の3分の1の範囲内でしか貸し付けできない」

 

という総量規制のルールの範囲内であれば、基本的には何社からでも借りられます。

 

しかしながら、実際にはあまりにも数多くの業者から借入をしていると審査落ちしやすくなってしまうというリスクがあります。なぜなら、多くの業者から借入をしている多重債務者は、返済能力に関して疑問を抱かれるからです。

 

カードローンの利用が会社にバレませんか?

カードローンの利用がバレるとしたら、最もリスクがあるのは勤務先への在籍確認の電話の際です。

 

しかしながら、大手消費者金融では借入を周囲に知られたくないという利用者の心情に配慮してくれるので、あまりバレる心配はいりません。

 

具体的に言うと、

 

「スズキと申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」

 

といった具合に、業者名を名乗らず担当者の個人名を名乗って電話してきますので、周囲の同僚からは取引先や知人からの電話と区別が付きません。したがって、バレる心配はあまりないといえるでしょう。

 

もしも、同僚に「今の電話は何?」と詮索されても、「クレジットカードの在籍確認だった」と伝えればそれ以上追求されることはありません。

 

在籍確認の電話連絡を回避したい方へ

在籍確認の電話連絡を回避したい方は、SMBCモビットのWEB完結なら、書面上で在籍確認を行うので電話連絡を回避することができます。

 

SMBCモビットWEB完結の詳細を確認する>>

 

カードローンの利用が家族(親、妻、夫など)にバレませんか?

カードローンの利用が家族にバレる危険性があるのは、カードローン会社からの郵送物です。

 

自宅への郵送物が届かないようにうまく利用すれば、家族にバレずに借りることは十分に可能です。

 

その点、プロミスのWEB完結SMBCモビットなら、郵送物なしでお金が借りられますので、家族にバレずにお金を借りたい方にオススメです。

 

借りたお金は何に使っても大丈夫ですか?

お金を借りる方法の中には、銀行の目的別ローンなどのように借りたお金の使い道が決まっているものがあります。それに対して、消費者金融カードローンでは使い道は限定されていないので、借りたお金は何に使おうと自由です。

 

女性が安心して利用できるカードローンは?

当サイトで紹介しているカードローンならどれでも女性も安心して利用できます。中でも、女性のオペレタースタッフが電話対応してくれるプロミスレディースは評判も良く特におすすめできるサービスです。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

消費者金融カードローン以外のお金を借りる方法

ここでは、消費者金融カードローン以外のお金を借りる方法として、銀行カードローン・クレジットカードのキャッシング・学生ローン・ゆうちょ銀行を紹介します。

 

ただし、

 

1.即日融資に対応可能(※最短1時間)
2.比較的審査に柔軟に対応してくれる傾向がある
3.保証人も担保も不要
4.借りたお金の使い道が自由
5.大手銀行系グループ企業なので安心
6.一定期間無利息キャンペーンがある

 

という特徴を考慮すると、今すぐお金を借りる最適な方法としては、プロミスアコムなどの大手消費者金融でお金を借りるのがベストです。

 

即日融資対応のおすすめ大手消費者金融を今すぐ確認>>

 

銀行カードローン

カードローンには消費者金融のものだけでなく、銀行のものもあります。銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利が低いというメリットがあります。

 

しかしながら、その反面

 

・即日融資に対応できない(最短でも数日かかる)
・審査がより厳しい傾向にある(審査通過に年収500万円必要と言われる)

 

というデメリットもあります。

 

審査の過程で、銀行は警察への照会が義務づけられているため、その回答が得られるまでにどうしても数日程度時間がかかってしまいます。そのため、以前は銀行カードローンでも即日融資に対応できていたのですが、2018年からは対応できなくなりました。

 

そのため、どうしても急ぎでお金を借りたいという場合にはオススメできません。

 

銀行の目的別ローン

銀行ではカードローン以外にも、様々な目的別ローンが取り扱われています。

 

銀行カードローンと銀行の目的別ローンとの違いは、借りたお金の利用目的が制限されているかどうかという点にあります。

 

銀行カードローンは、借りたお金を何に使っても自由ですが、目的別ローンでは

 

・マイカーローン(自動車ローン)
・リフォームローン
・教育ローン
・ブライダルローン
・引越ローン

 

など、借りたお金を何に使うかという利用目的が決まっています。

 

銀行の目的別ローンは、低金利でお金が借りられるというメリットはありますが、審査にかなり時間がかかってしまうため、今すぐお金を借りたい方には向いていません。

 

また、利用目的が用意されている目的別ローンと一致していない場合には利用できません。その点、同じ銀行が行う融資制度でもカードローンなら、基本的に借りたお金の使い道は自由ですので、いざというときに利用しやすいです。

 

とはいえ、銀行カードローンは借入までに最短でも数日は時間がかかってしまうので、今すぐ借りるならやはり、大手消費者金融カードローンが一番です。

 

銀行の定期預金担保貸付

銀行で定期預金を利用している場合、その定期預金を担保として借入ができる定期預金担保貸付が利用できることがあります。

 

定期預金担保貸付では、定期預金を担保としている分、改めて審査が行われることもないので、その日のうちに即日お金を借りることができます。

 

定期預金担保貸付では、銀行窓口などで改めて申込みを行うというものではなく、普通預金の口座残高がマイナスになることによって、自動的に融資されるという仕組みになっています。

 

ほとんどの銀行では、定期預金合計金額の90%まで、200万円を上限として借入が可能です。

 

定期預金担保貸付では、ややこしい手続きなしに簡単にお金が借りられてしまいます。金利もとても安いですし、利用しやすいというメリットがある反面、借りすぎに注意してご自身できちんと管理をするようにしないといけません。

 

生命保険契約者貸付

生命保険に加入している方であれば、加入する商品によって生命保険契約者貸付を利用してお金が借りあれる場合があります。

 

生命保険で解約返戻金が戻ってくるような商品なら、契約者貸付の利用が可能です。(※ただし、加入期間や保険料により借入可能額は異なります。)

 

生命保険に加入されている方は、ご自身の加入する商品で契約者貸付を利用できるかどうか一度確認してみて下さい。

 

しかしながら、意外と金利は高く付いてしまうことがあるので注意が必要です。また、あまりにも多くの借入を行ってしまうと保険が失効してしまう可能性もありますので借りすぎにも要注意です。

 

街金融(まちきんゆう)

街金融(まちきんゆう)というのは、中小規模の消費者金融のことです。当サイトでご紹介しているような大手の有名消費者金融と比べると、事業規模も小さく知名度は劣りますが、大手と同様に一般消費者を対象として貸金業を営んでいます。

 

特定地域を中心として、貸金業法に定められた貸金業者登録を正式に行って法律に基づき貸金業を営んでいます。

 

ただし、普通の全うに営業している街金融に紛れて、違法なヤミ金融が紛れていることがあるので気をつけて下さい。貸金業者登録されている業者かどうかは、金融庁で確認できますので、事前に確認しておくと安全です。

 

しかしながら、わざわざ街金融でお金を借りるメリットはさほどないと思われますので、基本的には知名度の高い大手消費者金融でお金を借りることがオススメです。

 

【最短1時間】今すぐ借りられる大手消費者金融を確認>>

 

ろうきん

ろうきんという金融機関でお金を借りる方法も存在します。

 

「ろうきん」とは、「労働金庫」の略称ですが、労働組合や生活協同組合などが会員となり運営されている非営利の金融機関です。

 

以下の通り、全国に13のろうきんが存在しています。

  • 北海道ろうきん(北海道)
  • 東北ろうきん(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  • 中央ろうきん(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)
  • 新潟ろうきん(新潟県)
  • 長野ろうきん(長野県)
  • 静岡ろうきん(静岡県)
  • 北陸ろうきん(富山県、石川賢、福井県)
  • 東海ろうきん(愛知県、岐阜県、三重県)
  • 近畿ろうきん(滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県)
  • 中国ろうきん(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
  • 四国ろうきん(高知県、愛媛県、香川県、徳島県)
  • 九州ろうきん(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)
  • 沖縄ろうきん(沖縄県)

ろうきんでも消費者金融と同じようにカードローンにより貸付を行っています。

 

ろうきんのメリットとしては、

 

・金利が低いこと
・18歳、19歳の未成年が利用できること(利用対象=18歳〜65歳)

 

が挙げられます。

 

その反面、審査にかなり時間がかかるので、申し込んでから実際にお金を手にするまでに、おおよそ2週間くらいはかかってしまいます。つまり、即日融資には対応していないので、今すぐお金を借りたいという場合には推奨できません。

 

今すぐ借りるなら消費者金融カードローン>>

 

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードには、普段の買い物やネットショッピングの支払いに利用するショッピング枠のほかに、キャッシング枠というものがあります。

 

このキャッシング枠を使って、お近くのコンビ二のATMなどからお金を借りることができます。

 

キャッシング枠が設定されているかどうかは、クレジットカードの申込時の希望やカードの種類によって異なるので、お手元のクレジットカードにキャッシングに対応しているかどうか一度確認してみるとよいでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングのために、わざわざ新たにクレジットカードの申込みをするというのであれば、日にちがかかってしまうので今すぐお金を借りるという意味ではオススメできません。

 

しかし、もしお手元のカードがキャッシングに対応しているなら、今すぐお金を借りる方法の1つとなりえます。

 

ただし、デメリットとして

 

・金利が高い
・繰り上げ返済できない

 

という点があります。ほとんどのクレジットカードで上限金利に近い数値が設定されていますし、余裕があるときに繰り上げ返済しようとしても、利息は安くならず支払総額は変わりません。

 

学生ローン

学生の方は、一部の中小消費者金融で実施されている学生ローンでお金を借りるという選択肢もあります。学生ローンはその名の通り、利用する対象者を学生に限定した貸付サービスです。

 

銀行でお金を借りるという場合に比べて、柔軟に審査に対応してくれる傾向にあります。

 

学生ローンで、当日中にお金を借りたいなら、正午までには電話かインターネットで申込みを済ませておくと、銀行口座に振り込んでもらって借りることが可能です。

 

学生ローンの特徴

学生ローンには、以下のような特徴があります。

  1. 未成年の学生でも利用可能
  2. 原則として在籍確認電話がない
  3. 求められる書類が多い
  4. 追加融資には改めて審査が必要
1.未成年の学生でも利用可能

学生ローンは、他の多くの借入方法と違って未成年の学生でも利用可能です。ただし、もちろんアルバイトなどをしていて毎月一定の収入があることが必要です。

 

学生ローンは未成年の学生にとっては、身内や友人・知人から借りることを除けば、数少ないお金が借りられる手段だと言えます。

 

そして、親権者の同意書も提出する必要があるので、親にバレずにお金を借りるというわけにはいきません。

2.原則として在籍確認電話がない

基本的に学生ローンでは、勤務先への在籍確認の電話がありません。

 

ただし、これは絶対ではなく、審査の上で不審に思われるようなことがあれば、勤務先への在籍確認の電話がかかってくることはあります。

3.求められる書類が多い

大手消費者金融カードローンでは、借入希望額が月収50万円を超える場合などを除いて運転免許証などの本人確認類さえあれば借入が可能です。

 

それに対して、学生ローンでは、

本人確認書類
学生証
公共料金の支払票
銀行のキャッシュカード・通帳(※振込融資希望の場合)
収入証明書類(※必要に応じて求められる場合あり)

などが提出書類として必要なので、申込みに手間がかかるという側面があります。

4.追加融資には改めて審査が必要

大手消費者金融カードローンでは、限度額の範囲内であれば追加の借入を行う際に再度の審査は行われません。

 

それに対して、学生ローンは、一度お金を借りたあとに再びお金を借りようとすると、そのときに再び審査が必要です。

 

未成年の学生であれば、学生ローンを頼るくらいしか選択肢がありませんが、プロミスアコムなどの大手消費者金融でお金を借りるのが初めてなら、それら大手消費者金融で借りる方が、無利息サービスを利用してお得に借りられるのでオススメです。

 

学生にもオススメの大手消費者金融カードローンを確認>>

 

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行で実施している(または、していた)お金を借り方についてまとめてみたので参考にして下さい。

現在も利用できる方法
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 貯金担保自動貸付け
クレジットカードのキャッシング枠

ゆうちょ銀行が発行している『JP BANKカード』という名称のクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法です。

 

貯金担保自動貸付け

ゆうちょ銀行の貯金を担保とした、定期預金・定額貯金をしている人向けのお金の借り方です。最大300万円まで借り入れ可能です。

 

新規受け付け終了済みの方法

以下のものは、すでに新規受付を終了している方法ですので、現在では利用できません。

  • カードローン「したく」
  • 住宅ローン「夢舞台」
  • パーソナルローン「夢航路」
  • 財産形成貯金担保貸付け
  • 国債等担保自動貸付け
カードローン「したく」

ゆうちょ銀行が窓口となり受付を行っていたカードローン「したく」は、2018年10月末を持って新規申込みを停止しています。そのため、現状では新規の利用申込みはできない状況です。

 

「したく」が終了となったために、現状ではゆうちょ銀行では利用可能なカードローン商品がありません。

 

住宅ローン「夢舞台」

いわゆるマイホームを買うための住宅ローン商品ですが、こちらも2019年6月28日をもって新規受付を終了しています。

 

パーソナルローン「夢航路」

一人一人の目的に合った目的別ローン商品ですが、こちらも2019年6月28日をもって新規受付を終了しています。

 

財産形成貯金担保貸付け

以下のいずれかを行っていることを前提とした借り入れ方法ですが、2019年3月29日で新規受付を終了しています。

  • 財形定額貯金
  • 財形年金定額貯金
  • 財形住宅定額貯金

 

国債等担保自動貸付け

個人向け国債等を保有していることを前提として国債等を担保として最大200万円までの借り入れが可能な方法でしたが、2019年n3月29日で新規受付を終了しています。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

職業など別のお金の借り方

職業などによって最適なお金の借り方は異なります。そこで、ここでは

  1. アルバイト学生
  2. フリーター、パート勤務の主婦
  3. 専業主婦(専業主夫)
  4. 年金受給者(高齢者)
  5. その他の無職の方

の方が、それぞれお金を借りるとした場合にどのような選択肢があるのかについて解説します。

 

1.アルバイト学生

20歳以上のアルバイトをしている学生に一番オススメなのは、やはり大手消費者金融カードローンです。アルバイトなどをしていて、少額でもいいので毎月一定以上の収入があれば、十分に審査通過できる見込みがあります。

 

特に、プロミスアコムであれば、初めての利用の方は30日間無利息でお得に借りられるのでオススメです。

 

学生には学生ローンもある(しかも未成年の学生もOK!)

その他には、学生の方なら学生ローンを利用するという手もあります。学生ローンは、一部の中小規模の消費者金融が実施する学生向けの融資商品です。

 

学生ローンは、アルバイトなどで収入があれば未成年の学生であっても利用可能です。大手消費者金融カードローンの利用条件は、20歳以上となっていますので、お金を借りたい未成年の学生にとっては学生ローンは特に頼りになります。

 

ただし、親権者の同意書が必要なので、親にバレずにお金を借りるというわけにはいきませんので、その点はご注意下さい。

 

その他、学生ローンの詳細についてはコチラをご覧下さい。

 

2.フリーター、パート勤務の主婦

フリーターやパート勤務の主婦も、大手消費者金融でお金を借りる事ができます。

 

そこまで収入など属性面で有利とも言えないフリーターやパート勤めの主婦でも審査を通過できるか心配になるかもしれませんが、実際に大手消費者金融のプロミス公式サイトにも以下のような記述があります。

お申込みいただける条件

 

お申込みいただける方の条件は、年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方です。
主婦(主夫)や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です。

 

出典:プロミス公式サイト

 

「安定した収入」というのは、毎月少額でもいいので一定の収入が定期的にあるということですので、アルバイトやパートなどで毎月収入があれば、大手消費者金融カードローンの審査に通過してお金が借りられる見込みが十分にあるのです。

 

3.専業主婦(専業主夫)

大手消費者金融では、貸金業法条の総量規制のルールの縛りがあるため、本人に収入のない専業主婦(専業主夫)は、お金が借りられません。

 

専業主婦(専業主夫)がお金を借りるには、以下のような方法があります。

 

1.中小消費者金融の配偶者貸付
2.銀行カードローン

 

1.中小消費者金融の配偶者貸付

中小消費者金融の中には、「配偶者貸付」と呼ばれる方法で専業主婦(専業主夫)への貸付を行っているところがあります。

 

「配偶者貸付」は総量規制の例外に当たる貸付方法で

 

配偶者の年収と合計した年収の3分の1まで貸付できる

 

というものです。

 

配偶者の年収と合算して「年収の3分の1」が上限となるので、配偶者の方に収入があれば本人に収入がない専業主婦(専業主夫)の方でもお金が借りられます。

 

配偶者貸付でお金を借りるためには、

1.配偶者の同意書
2.配偶者との婚姻関係を証明する書類(※住民票・戸籍抄本等)
3.収入証明書類(※融資額による)

といった必要書類を提出する必要があります。

 

配偶者の同意書を提出する必要があるので、配偶者の方にバレずにお金を借りるという訳にはいきません。

 

2.銀行カードローン

専業主婦(専業主夫)は、銀行カードローンでもお金を借りることができます。

 

消費者金融は貸金業法に規制されますが、銀行は銀行法によって規制されています。銀行法に基づく銀行では、総量規制のルールは適用されたないため、本人に収入がなくてもお金が借りられる可能性があるのです。

 

銀行カードローンのなかには、配偶者の年収の3分の1を限度として専業主婦向け商品を用意しているところがあります。

 

「配偶者の年収の3分の1」となっているのは、総量規制はないものの、債務者の返済能力を超えるような過度な貸付を未然に防ぐために自主規制しているのです。

 

銀行カードローンでは、中小消費者金融の配偶者貸付と違って、配偶者の同意書を提出しなくてよいので、申込み時点で配偶者に借入がバレてしまうというようなことはありません。

 

4.年金受給者(高齢者)

銀行カードローンでは、年金受給者への貸付も可能です。

 

ただし、申し込み出来る人の年齢条件が「65歳〜70歳未満」と制限されているので、利用できる高齢者の方は非常に限定的です。

 

他の方法としては、

 

・株式会社日本政策金融公庫(JFC)
・独立行政法人福祉医療機構(WAM)

 

といった機関から、年金を担保としてお金を借りることができます。

 

年金を担保とした貸付は、本来法的には認められていませんが、この2つの機関では例外として年金を担保とした貸付が認められています。

 

銀行カードローント違って年齢制限もないので、70歳以上の方でも利用可能です。ただし、デメリットとして融資を受けるまでに1ヶ月ほど要してしまうという点があるので、急ぎで借りたい時には適切ではありません。

 

5.その他の無職の方

その他の無職の方がお金を借りる手段としては、以下の方法があります。

 

1.生命保険契約者貸付
2.生活福祉資金貸付

 

1.生命保険契約者貸付

解約時に返戻金が発生するような生命保険に加入されている方は、生命保険契約者貸付によりお金が借りられる場合があります。

 

詳細についてはコチラをご覧下さい。

 

2.生活福祉資金貸付

その他の無職の方のうち、低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯に属する方は、生活福祉資金貸付制度を利用してお金を借りる方法があります。

 

これは、社会的に弱い立場にある世帯の方を支援し、自立を促進するための制度で各地域の社会福祉協議会が窓口となっています。

対象世帯

対象となるのは、具体的には以下の世帯です。

低所得世帯
⇒資金の貸付けにあわせて必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯であって、必要な資金を他から借り受けることが困難な世帯(市町村民税非課税程度)

 

障害者世帯
⇒身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者(現に障害者総合支援法によるサービスを利用している等これと同程度と認められる者を含む)の属する世帯

 

高齢者世帯
⇒65歳以上の高齢者の属する世帯(日常生活上療養または介護を要する高齢者等)

 

資金の種類

この制度では、借りるお金の利用目的が決まっており、以下の4種類の資金があります。

 

・総合支援資金
・福祉資金
・教育支援資金
・不動産担保型生活資金

 

この制度に申し込む為には、原則として連帯保証人を立てることが必要です。連帯保証人を立てた場合、無利息でお金を借りることができます。

 

連帯保証人を立てなくても利用できますが、その場合は年率1.5パーセントの貸付利子が適用されてます。

 

この制度の審査は非常に厳格なので、上記の対象世帯に該当する方でもただちに借入ができるとは限りません。

 

この制度の利用をケイン等される場合、詳しくは、お住まいの地域の社会福祉協議会のおたずね下さい。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

【借りてはいけない】危険な3つのお金の借り方

ここでは、利用してはいけない以下の3つの危険なお金の借り方について、注意喚起の意味でお伝えします。

  • ヤミ金融
  • 個人間融資掲示板
  • クレジットカードショッピング枠の現金化業者
怪しい変なところでお金を借りると犯罪やトラブルに巻き込まれるなどして、人生を棒に振ってしまうようなことになりかねません。大手銀行系グループ企業である信頼できる大手消費者金融で借りるのがやはり安心・安全なのでオススメです。

 

信頼できる大手消費者金融カードローンを今すぐ確認>>

 

ヤミ金融

貸金業者は、貸金業法第3条に定められた登録を行った上で営業しなければいけません。登録は、都道府県知事や国の財務局長などに対して行い、3年ごとに更新しないと効力が失われます。

 

この貸金業法条の貸金業者登録を行わずに、違法に貸付を行っているのがヤミ金融です。ヤミ金融業者は、法律に従わずに、法外な利息を要求し、厳しい追い込みを伴う取り立てを行います。

 

ヤミ金業者のことはマンガや映画などでも描かれているとおり、ヤミ金融からお金を借りてしまうと、人生を台無しにしてしまって破滅の転落人生をたどることになってしまいます。

個人間融資掲示板

貸金業者や銀行などの金融機関からお金を借りるのではなく、個人から個人に対して貸付を行う行為を「個人間融資」と言います。

 

そして、個人間融資の取引の場として利用されているのが、「個人間融資掲示板」と呼ばれるネット掲示板です。

 

個人間融資掲示板では、お金を借りたい人が希望額などの書き込みを行います。それに対して、お金を貸したい人が貸付の可否や条件などを返信します。

 

お金を借りたい人・お金を貸したい人の双方の条件が合致すれば、取引成立となり個人間融資が行われることになります。

 

しかしながら、個人間融資掲示板でまともな取引が行われ、お金が借りられることはまれです。実際には、個人を装ったヤミ金業者が潜んでいることも多いですし、先にお金を振り込ませるなどしてお金をだまし取る詐欺も横行しています。

 

個人間融資掲示板では、正規の金融機関での審査手続きなどを踏まずにお金が借りられるので、属性面に不安があったり、滞納歴などがあって貸金業者などでは審査通過できない、いわゆるブラックの方などが利用したいとこともあると思いますが、危険なので近寄らないようにして下さい。

クレジットカードショッピング枠の現金化業者

クレジットカードには、

 

・買い物の支払いに使うショッピング枠
・お金を借りるのに使うキャッシング枠

 

の2種類の限度枠があります。(※カードの種類や申込み時の選択によってはキャッシング枠が設定されていないものもあります。)

 

通常、お金を借りるときに使うのはキャッシング枠ですが、キャッシング枠を使い切ってしまっていてクレジットカードのキャッシング機能でお金が借りられない場合、ショッピング枠を使って、いわば現金を購入することにより現金を手に入れる行為を「クレジットカードショッピング枠の現金化」と言います。

 

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れることは、カード会社の規約によって禁止されています。もしも、現金化したことがバレてしまうと、カードの停止や強制解約をされてしまうことになります。

 

この事実を知りつつ、クレジットカードの現金化を行っている業者があります。こうした現金化業者ではクレジットカードで支払いを行ってもらう代わりに、手数料を引いた現金を利用者に支払います。

 

たとえば、現金化業者にクレジットカードで10万円を支払うと手数料として2万円を引いて、8万円を利用者に送金するという感じです。

 

利用者からすると、カード停止・強制解約のリスクがある上

 

・クレジットカード会社への手数料
・現金化業者への手数料

 

の2重に手数料を支払っていることになります。

 

この手数料は、利息と考えると法外な率になりますし、もしもただちに違法というわけでなかったとしても、違法に近いグレーな方法だと言えるでしょう。

 

信頼できる大手消費者金融で安全に借りる>>

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。