専業主婦でもお金を貸してくれるところを紹介!

この記事の内容

この記事では下記の内容についてお伝えしています。

  • 専業主婦がお金を借りる3つの方法
  • 専業主婦は大手消費者金融カードローンが使えない理由

結論からお伝えすると、専業主婦の方は以下の3つの方法によってお金を借りることができます。

  1. クレジットカードでのキャッシング
  2. 銀行カードローン
  3. 中小消費者金融の配偶者貸付

・・・詳しくは記事をご覧下さい

 

専業主婦は大手消費者金融カードローンが使えない理由

パート勤務などで毎月少しでも収入のある主婦の方なら、プロミスアコムなどの大手消費者金融のカードローンがオススメです。初回利用なら一定期間の無利息サービス付きでお得に借りられるからです。

 

しかしながら、パート勤務などもしておらずご本人に全く収入のない専業主婦の方は大手消費者金融のカードローンを利用できません。なぜかというと消費者金融を規制する貸金業法で定められた「総量規制」のルールでは本人の年収の3分の1までしか借入ができないからです。

 

本人に収入がない専業主婦ではこの総量規制の要件を満たすことができないため、大手消費者金融では借りられないのです。(※後述しますが、一部の中小規模の消費者金融では配偶者の収入も合算して考慮して「年収の3分の1を考慮して」借入ができる方法もあります。)

 

専業主婦でもお金を借りられる3つの方法

専業主婦の方でも以下の3つの方法でお金を借りることができます。

  1. クレジットカードでのキャッシング
  2. 銀行カードローン
  3. 中小消費者金融の配偶者貸付

1.クレジットカードのキャッシング

独身時代などから持っているクレジットカードにキャッシング機能が付いていたら、コンビ二のATMなどからクレジットカードでお金を借りることができます。お持ちのクレジットカードにキャッシング機能があればすぐに利用可能ですので、今すぐお金を借りたい主婦の方にはピッタリかもしれません。

 

身近なコンビニに設置されたATMから借りられるというメリットはありますが、

 

・金利が高い(15〜18パーセント)
・キャッシングを使うとショッピング枠も減ってしまう
・返済が遅れた場合20パーセント程度の遅延損害金が発生する

 

といったデメリットもあります。

 

2.銀行カードローン

大手消費者金融と同様に銀行でもカードローンを取り扱っています。銀行カードローンでは、大手消費者金融と異なり総量規制という縛りはありません。そのため、本人に収入のない専業主婦でも配偶者に十分な返済能力があれば借りられるケースがあります。

 

銀行カードローンは、低金利であるというメリットがありますが、その反面審査はかなり厳しく時間もかかってしまいます。(※借入までに最短でも数日かかります。)即日融資には対応不可能ですので、今すぐお金を借りたい専業主婦の方には不向きです。

 

3.中小消費者金融の配偶者貸付

先述の通り、プロミスやアコムなど大手消費者金融のカードローンでは本人に収入のない専業主婦は総量規制のルールがネックとなって、お金を借りる事ができません。

 

しかし、一部の中小規模の消費者金融では「配偶者貸付」といって、『配偶者との合計の年収の3分の1まで』貸し付けてもらえる方法があります。

 

配偶者の収入と合算できるので、ご本人に収入がなくても配偶者に収入があればお金が借りられるのです。

 

中小消費者金融の配偶者貸付でお金を借りる時には、以下の書類が必要です。

配偶者の同意書
配偶者との婚姻関係を証明する書類(戸籍抄本、住民票など)
収入証明書(※借入希望額が50万円を超えるときのみ)

配偶者の同意書が必要ですので、配偶者の方に内緒でこっそりお金を借りるというわけにはいきません。なお、審査は少し厳しめです。