【個人事業主がお金を借りる方法】すぐ借りれる安全な即日キャッシング!

この記事の内容

この記事では下記の内容についてお伝えしています。

  • 個人事業主がお金を借りる5つの方法
  • 申し込んだその日のうちに借りられる唯一おすすめの方法

結論からお伝えすると、個人事業主の方がお金を借りる方法には、

  1. 金融機関(銀行・信用金庫)からの借入
  2. 消費者金融カードローン
  3. 銀行やノンバンクのビジネスローン
  4. 日本政策金融公庫(国の融資制度)
  5. 中小企業制度融資(地方自治体の融資制度)

があります。

 

この中で、申し込んだその日のうちにお金が借りられる即日融資に対応できるのは大手消費者金融のカードローンしかありません。

 

借入先としては、今すぐお金を借りたい自営業の方には、アコムプロミスでお金を借りるのがおすすめです。
・・・詳しくは記事をご覧下さい

 

即日融資対応のおすすめカードローンを確認>>

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

個人事業主がお金を借りる5つの方法

個人事業主の方がお金を借りる方法には、

  1. 金融機関(銀行・信用金庫)からの借入
  2. 消費者金融カードローン
  3. 銀行やノンバンクのビジネスローン
  4. 日本政策金融公庫(国の融資制度)
  5. 中小企業制度融資(地方自治体の融資制度)

個人事業主が即日融資でお金を借りるなら消費者金融カードローン

資金繰りのためにとにかく急ぎでお金を借りたいという個人事業主の方はとにかくスピードを重視していると思います。しかしながら、ほとんどの融資制度は、審査に時間がかかってしまうため、最短でも数日から場合によっては1ヶ月程度時間がかかってしまいます。

 

その中でも、申し込んだその日のうちにお金が借りられるのは、「2.消費者金融カードローン」です。

 

即日融資対応のおすすめカードローンをすぐに確認>>

 

銀行カードローンは審査が厳しい&時間がかかる
カードローンには、消費者金融のもの以外に銀行が取り扱うカードローンもあります。しかし、銀行カードローンは審査の過程で警察のデータベースに照会をかけることが義務づけられており、その手続きに時間がかかるためいくら早くても数日程度はお金を借りるまでに時間がかかってしまいます。

 

また、審査も厳しく年収で言えば500万円程度はないと審査通過は難しいと言われています。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

個人事業主が消費者金融カードローンの審査に通過する方法

お金を借りるときには、まともな方法なら必ず審査が行われます。プロミスアコムで個人事業主が即日融資でお金を借りるときにももちろん審査を通解しないと借りられません。

 

個人事業主は、一般の会社員や公務員と比べると、収入の安定性という面で不利に見られることが多く審査に通りづらいとも言われます。しかしながら、個人事業主であっても審査通過の可能性はもちろんあるので安心して下さい。

 

審査通過しやすい個人事業主の特徴

審査通過が難しいと言われる個人事業主のなかでも、以下のような特徴を持っている方は審査通過がしやすいです。

  1. 固定電話を持っている
  2. 過度に低い所得で申告していない
  3. 希望する借入額が50万円以下でも収入証明書を提出

1.固定電話を持っている

プロミスアコムなど消費者金融カードローンに申し込む際には電話番号を記入する箇所があります。

 

そして、そこに記入する電話番号は固定電話にしておいたほうが審査上有利に働きます。カードローンに申し込むと「在籍確認」と言って、勤務先に確かに在籍しているかどうかを確認するための電話がかかってきます。

 

会社員や公務員であれば、勤め先の会社や役所などに固定電話が設置されているので、そちらを記載することになりますが、自宅で仕事をしていたりするような個人事業主の場合、携帯電話を記入することもできてしまいます。

 

固定電話のほうが審査通過しやすいので、お持ちの方は申込時に固定電話番号を記載するように注意して下さい。もしも、固定電話をお持ちで無い場合は、アコムガオススメです。

 

固定電話がなくても審査通過の見込みがあるカードローンはほとんどありませんが、アコムならその見込みがあります。

 

今すぐアコムの詳細を確認する

 

2.過度に低い所得で申告していない

個人自営業の方の中には、税金対策などのためにあえて過度に低い収入で申告するようにしている方もいるかもしれません。しかしながら、消費者金融カードローンの審査通過の際には、収入が多いほうがもちろん有利に働きます。

 

希望する借入額が50万円以下でも収入証明書を提出

消費者金融カードローンに申し込む際の必要書類は

  1. 運転免許証などの身分証明書
  2. 源泉徴収票・納税証明書などの収入証明書

が必要です。

 

このうち、「2.源泉徴収票・納税証明書などの収入証明書」は

 

・希望借入額が50万円以上
・希望借入額と他社での借入額の合計が100万円以上

 

に該当するときのみ提出すればよいことになっています。

 

しかしながら、一般的に会社員や公務員と比べて収入面で不安定と見られやすい個人事業主の方は、これらの条件に該当しない場合でも自主的に収入証明書を提出するためには有効です。返済能力をしっかりと有していることを示すことができるからです。

 

今すぐお金借りるならアコムかプロミスがオススメ!

アコム

「はじめてのアコム」のフレーズで有名なアコムは、はじめてお金を借りる人によく利用されている人気のカードローンです。初回利用なら30日間無利息でお金を借りることが可能です。

詳細はこちら≫

プロミス

プロミスの『WEB完結』なら、申込み⇒借入れ の手続き全てがネットのみで完了できます。審査スピードも早く急ぎで借りたい方によく利用されています。初回利用なら30日間無利息(※1)でお金が借りられます。

詳細はこちら≫

(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。